武蔵小杉ハートクリニック

院長ブログ

Blog

インフルエンザ、荒ぶる。


こんばんは。院長の菊池です。

おかげさまでクリニック開院から5か月たちまして、何とか形になってきた気がします。
地域の方々も受診して頂けるようになり、この町の一員になれてきたような、そんな感じです。

ところで、インフルエンザが猛威を振るっております。確実な予防法はいまのところワクチン接種くらいしかないので、接種していない方は罹患したら早めに治すことが大事です。
・突然の高熱
・強い倦怠感
・のどの痛み
・体の節々の痛み
などの症状が出たら早めに受診を!

ここで、よく聞かれる質問と答えをいくつか。

Q.いつまで会社休めばいいですか?
A.子供の場合は学校保健安全法に「発症後5日ないしは解熱後2日経過するまで」と明確な出席停止期間が定められていますが、大人に関しては法的規制がありません。なので、会社と相談して決めてもらうことになりますが、発症後早期に出社してしまうと感染力を保ったまま職場に行くことになるので、あなたは生物兵器です。インフルエンザによる我が国の経済的損失は毎年数千億円近くになるとの報告もあり、あなたのため、隣の社員のため、会社のため、国のために解熱後2-3日までは自宅でおとなしく療養したほうが良いでしょう。

Q.インフルエンザワクチン接種したのに罹ったのだけど・・・
A.インフルエンザワクチンは感染しなくなるバリアができるわけではないので、接種しても感染することがあります。しかしながら、多くの研究や年次報告などをみると、接種者の感染率は非接種者よりも低くなることが判っています。また、感染しても髄膜炎や脳炎、肺炎といった重症な疾患への進展を抑える効果がありますので、接種して罹ったからといって、次の年から接種しないというのはお勧めしません。

Q.いまからでもワクチン打ったほうがいいですか?
A.否定はしませんが、ワクチンは接種してから免疫力をつけるのに2週間ほどかかります。その間に罹患してしまう可能性もあり、ご希望であれば打ちますがこの点は留意して頂きたいです。なお、公費助成は昨年末で終了していますので、自費での接種になります。

Q.子供がインフルエンザに罹った。自分はまだ発症していないが、今は会社休めないのでなんとかならないか?
A.抗インフルエンザ薬のタミフルとリレンザは予防投与が認められています。自由診療になりますが、これを投与することにより発症する確率を大きく下げることができるのでお勧めします。当院にご相談ください<(_ _)>

なお、話題のゾフルーザに関しては、他のいろいろな情報源で多く語られているので私見を。そもそも季節性インフルエンザに関しては既存のノイラミニダーゼ阻害薬(タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ)で十分な治療効果があるので、あえてゾフルーザを投与する意味はない(そもそも、ゾフルーザの罹病期間短縮効果は既存のタミフルと同等であることしか証明されていない。)と考えています。あと、抗ウイルスや抗生物質の新薬をバンバン使うことに対しては、耐性ウイルスや耐性菌を早々に作ってしまい、イザというときの切り札をなくす恐れがあるので昔から私は慎重です。ゾフルーザはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの耐性ウイルスができたときの切り札に取っておくべきだと個人的には思います。

最後に、インフルエンザの治療で一番大事なのは何かといえば、免疫力を落とさないこと。
すなわち、水分良く摂って、美味いもん食って、さっさと寝て、無理しない!

コレです。

なお、ウチの娘は小学校3年生ですが、1,2,5,6年生はインフルエンザで学級閉鎖になっています。「なんで私の学年はお休みにならないの?!」と言ってふてくされています。
確かに、自分はインフルエンザに罹患せずに元気だと、学級閉鎖って胸張って休んで遊びに行ける貴重な休みだったのを思い出します。平日だからどこ行っても空いてるんでんすよね。

久しぶりに、やや真面目な話を書いたら眠くなりました。寝ます (-_-)zzz

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ