武蔵小杉ハートクリニック

循環器内科

Medical

循環器内科Cardiology

循環器内科では、狭心症・心筋梗塞、弁膜症や心筋症、不整脈などの心臓の病気や、動脈瘤(りゅう)、動脈硬化など血管の病気の診療を行います。
一方で、様々な循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病など)の治療も並行して行います。

心臓病

狭心症
心臓は全身に血を送るポンプです。心臓自体も筋肉で出来ているため、元気に動くためには充分な酸素と栄養が必要になります。心臓自身に血液を送る血管は「冠動脈」と呼ばれ、心臓の周りに纏わりつくように走っています。この冠動脈の中が動脈硬化(生活習慣病の項目をご参照ください)で狭くなると充分な血流が送れなくなります。そうすると心臓は「必要な血液が充分に来ていないぞ!」と警告を発します。これが「狭心症状」です。狭心症状は胸の中央の痛み、圧迫感、絞扼(こうやく)感(しめつけられる感じ)などの症状が主で、同時に奥歯の浮くような感じや痛み、左肩の強い凝りや張り、痛みといった症状を伴うこともあり、これを「放散痛」と呼びます。
最初のうちは、心臓がたくさんの酸素を必要とする運動時だけに症状が出ることが多く(労作性狭心症)、筋肉痛のように休むと治まることが多いのですが、病気が進行すると安静時にも症状が現れるようになります(不安定狭心症)。
冠攣縮(れんしゅく)性狭心症
狭心症の中には、冠動脈に動脈硬化がなくても、冠動脈自体が突然、痙攣・収縮(攣縮=れんしゅく)してしまい、冠動脈の中が狭くなってしまうことにより、前述の動脈硬化による狭心症と同様に心臓自身の血流が悪くなり、狭心症のような症状が出ます。これを「冠攣縮性狭心症」といいます。狭心発作は運動時・安静時に関係なく起こりますが、特に朝方や寒い場所での発作が多く、「冬になると朝方胸が痛くて目が覚める」という患者さんが多くいらっしゃいます。この発作により時には心筋梗塞や、それに伴う致死性不整脈を生じて命にかかわることもありますので、前述のような胸部症状を自覚するときには早めに検査を受けることが大切です。
心筋梗塞
まず、心筋梗塞を語るうえで大切な「冠動脈プラーク」の話から始めます。まず「動脈硬化」とは動脈の壁の内側に悪い脂の塊(プラーク)が生じることです。このプラークは膜で覆われたゼリーのようなものだと考えてください。覆っている膜が強靭であれば破裂する危険は低いのですが(安定プラーク)、膜が薄く弱い(不安定プラーク)と破綻し、中のゼリー状の悪い脂が血管内にドロドロと出てきます。すると、この悪い脂は血管内に本来あるものではないので、血液は「異物」と判断し、これを血の塊「血栓」で覆いつくします。この血栓が冠動脈の内腔を閉塞してしまうと心筋にほとんど血が行かなくなり、酸素・栄養が来なくなった心筋は“壊死”し始めます。言葉は悪いですが、心臓の筋肉が刻々と腐っていく病気、これが心筋梗塞です。前述の労作性狭心症では心筋が壊死することはないので命に拘わることはないのですが、心筋梗塞では心筋が壊死することにより心臓のポンプとしての機能が著しく低下して全身に充分な血が送れなくなったり(心不全)、心室細動や無脈性心室頻拍と言われる致死性の不整脈を誘発したりして命に拘わります。
治療は一刻も早く閉塞された冠動脈を再開通させることが大切です。そのため、診断したら直ちに冠動脈を再開させる緊急治療(心臓カテーテル治療やバイパス手術)のできる病院に搬送致します。
弁膜症
検診等で「心臓に雑音がある」と言われると、この弁膜症であることが多いです。ほかにも肥大型心筋症や先天性心疾患の一部などでも雑音を生じますが、どちらにせよ心臓超音波検査などの専門的な検査が必須になります。
心臓は全身に血を送るポンプであり、左右の心房・心室で計4つの部屋が協力して血を流していますが、心臓の中では血流は“一方通行”であり、4つの部屋の間には逆流防止のための扉がついています。これを「弁」といいますが、これが狭くなって血流が滞ったり、建付けが悪くなって逆流を生じるのが「膜症」という病気です。弁膜症にも軽度から重症のものがあり、重症になると心臓のポンプとしての機能が低下して「心不全」を生じます。心不全は後述しますが、食欲不振、労作時の呼吸苦、かぜ様症状、下肢のむくみ、全身倦怠感などの多彩な症状を呈します。
治療は、軽症~中等症までは、ACE阻害剤やβ受容体拮抗薬と呼ばれる心臓を守る薬を中心として、利尿剤、強心剤などを併用した薬物療法が中心となり、その目的は弁膜症の進行防止と心不全の予防です。しかし、病状が進んでくると徐々に心不全の症状を生じて日常生活に支障を生じます。薬ではコントロールできなくなると弁を修復したり取り替えたりするカテーテル治療や心臓手術が必要となります。
心筋症
心臓の筋肉は元気に拡張(この時に血液を心室内に取り込む)と収縮(心室内に取り込んだ血液を吐き出す)を繰り返して、ポンプのように血液を送り出します。主役は左側の心室「左心室」の筋肉ですが、この筋肉自体が病気になることがあります。左心室の筋肉は“適度に力強く、適度にしなやか”でなければならず、力強さを失うと心室の“収縮”がしにくくなり、しなやかさが無くなると心室の”拡張”がうまくできなくなります。力強さを失う病気の代表がが「拡張型心筋症」、しなやかさを失う病気の代表が「肥大型心筋症」です。そのほかにも全身の病気(遺伝子の異常や代謝の異常など)や抗がん剤などの薬物の影響により心臓の筋肉が障害されることによって生じる心筋症もありますが稀です。 適切な薬物治療により心不全を起こすことを防ぐことが治療の目標になりますが、充分な薬物治療でも心不全を繰り返すような場合には、心臓を補助する機械(心室再同期療法“CRT”と呼ばれるペースメーカーの一種や人工心臓など)の装着や心移植が必要になることもあります。
不整脈
心臓は通常1日10万回程度、規則的に拍動し、全身に血液を送っています。
不規則に心臓が動いてしまう状態や、正常な範囲を超えた心拍数になる状態を大きくまとめて不整脈と言います。
不整脈には多くの種類があり、放置してよいものから、無症状であったとしても命に関わるような危険なもの、果ては1分1秒を争って治療しなければならないものまで様々です。症状としては、ドキドキする、脈が飛ぶ、息が詰まる感じがするなどの症状で現れます。不整脈は専門的な検査で治療が必要か否かを判断することが重要になります。そこで、心電図、24時間心電図(Holter心電図)、心臓超音波検査などが必要となります。
治療は薬物治療がメインになりますが、最近ではカテーテルによる治療が有効なものも多くなっており、必要であれば専門の病院に紹介してカテーテル治療を受けていただくことをお勧めすることがあります。
心不全
うっ血性心不全とも言われる心不全とは、前述した心筋梗塞や弁膜症、心筋症や不整脈などといった心疾患が原因で心臓が全身に必要量の血液を送り出すことができなくなった状態を指します。動脈を通じての全身への血液供給や静脈から心臓への血液の汲み上げが障害されて全身に血液がうっ滞するため、疲れやすい、顔・下肢がむくむ、食欲がなくなるなどの症状がおこります。また、多くの場合、肺に血液が滞り、自分の体液で“溺れている”状態になる「肺水腫」を生じるため、肺での酸素交換が障害され、軽作業でも息切れを感じたり、重症の場合は安静にしていても非常に息苦しくなったり、横になれないほどの呼吸苦を生じます。また、心不全は繰り返すたびに寿命が短くなり、生活上でも様々な支障が生じるため、再発しないようにする治療や生活習慣の改善が大切です。