武蔵小杉ハートクリニック

生活習慣病

Lifestyle-related diseases

生活習慣病についてLifestyle-related diseases

生活習慣病とは、運動や食事、睡眠の質や量、喫煙や飲酒などの「生活習慣」が、その発症や進行が生活習慣に起因する幾つかの病気のことを言います。そのうち、当院では糖尿病、高血圧、脂質異常症を主に診断、治療致します。
生活習慣病は、初期には大きな自覚症状はなく徐々に進行してきます。このため、早期発見が可能な健康診断の受診が重要なのです。生活習慣病に気づかない、または健康診断で指摘されても放置しているなど、生活習慣病に対する指導、診療を受けていないと進行していきます。糖尿病、高血圧、脂質異常症は「動脈硬化」を通常の何倍ものスピードで増悪させます(動脈硬化は加齢で進行しますので、健常人でも生じます)。動脈硬化は心筋梗塞の項で述べましたが、全身に血を送る血管「動脈」の壁の内側に悪い脂の塊が沈着していくもので、進行すると動脈の血流を妨げ、様々な臓器の血流が悪くなって臓器障害を引き起こします。これが脳に起きれば脳卒中で不自由な体になり、目に起これば網膜症で最悪失明、心臓に起これば狭心症や心筋梗塞で生死の境を彷徨い、腎臓に起これば腎不全で最後は人工透析導入、足の血管に起これば閉塞性動脈硬化症で歩行が困難になったり足が壊死したりします。
こういった恐ろしい病気や状態に陥らないよう、生活習慣病は早期発見、早期治療が重要なのです。生活習慣の改善と治療の結果、糖尿病や高血圧、脂質異常症を適切にコントロールしていけば、健常人並みの動脈硬化の進行速度に戻せるので、元気な状態を保ち、寿命を全うできます。
当院ではまず、生活習慣に改善のアドバイスを行い、それでも改善が無いようであれば薬物療法を開始します。

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしています。しかし、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。
血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。また、糖尿病は様々な機序で動脈硬化を急激に増悪させる危険な病気です。糖尿病の患者さんは血糖が高くて亡くなるわけではなく、糖尿病により重症化した動脈硬化に起因する病気(脳卒中や心筋梗塞、腎不全など)により死亡します。糖尿病をきちんと治療することは、死に至るこれらの病を未然に防ぐことに繋がります。

高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果、血管の内側の細胞に必要以上のストレスがかかるために傷んでしまいます。その結果、傷んだ血管の内側には悪い脂の塊が溜まりやすくなるため動脈硬化へとつながります。
高血圧の原因は多くの多面的な要因が指摘されており、遺伝的要因と食生活(主に塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。
なお、高血圧には生活習慣病としての高血圧(本態性高血圧症)と、血圧を調整するホルモン分泌の異常による高血圧(二次性高血圧症)があります。本態性高血圧症が約9割で大勢を占めますが、1割は二次性高血圧症であり、原因の疾患を特定することで治癒の可能性があります。このため、初めて高血圧を指摘されたような患者さんには二次性高血圧に関する精査をお勧めしています。

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。
これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL-C)と悪玉コレステロール(LDL-C)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。この悪玉コレステロールが今まで何度か登場している“悪い脂の塊”の親玉です。
脂質異常症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。