武蔵小杉ハートクリニック

睡眠時無呼吸症候群

Sleep apnea syndrome

睡眠時無呼吸症候群Sleep apnea syndrome

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」と呼ばれます。体格やののど・鼻の問題により気道が狭くなる「閉塞性」と、寝ている間に呼吸を行うよう命令を出す呼吸中枢に問題がある「中枢性」があります。
医学的には、10秒以上の無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と診断されます。

寝ている間の無呼吸は自分で気づくことが難しく、潜在的に多くの患者さんがいると推計されています。周囲の人が気づく兆候としては、

  • いびきがひどい
  • 日中によく居眠りをしている

などがあります。また、閉塞性の場合には体形や顔貌にも特徴的な点があり、

  • 顎が小さい
  • 首が短く太い
  • 歯並びが悪い

などがみられることが多いとされます。
この病気は単に睡眠が妨げられるだけでなく、日中の活動に様々な影響を及ぼすと同時に、生活習慣病の増悪や心不全や脳卒中の発症の重大なリスクとなって健康や寿命にも影響を及ぼします。また、日中の眠気のため、悲惨な運転中の居眠り事故発生の要因となっており、社会的にも注目されています。

当院では自宅で簡単に施行できる簡易検査を行い、「Apnea Hypopnea Index(AHI)」と呼ばれる指標を計測し、重症度に従ってさらに必要な検査の追加、もしくは治療の開始をします。

治療は主に、
① 経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP:「シーパップ」と呼ばれます)
② マウスピース
③ 耳鼻咽喉科による外科手術
の3種類があります。当院では①が処方可能で、②、③が必要な場合は近隣の歯科や病院と提携して治療を行います。

治療により、心不全や脳卒中をはじめとした致死的な「心血管イベント」発症を抑制できることは多くの医学研究で明らかにされており、また、治療を開始した患者さんからは、「日中の眠気がなくなって元気になった」「いびきが改善して周りに迷惑をかけずに済んでいる」などの感想をよく伺います。

睡眠時無呼吸を疑う兆候がある方は、まずはご相談ください。身体所見の診察と簡易検査ののち、適切な治療法を提案します。