医師紹介

院長紹介

ご挨拶

ご挨拶

武蔵小杉ハートクリニック院長の菊池 有史(ありふみ)です。学生時代より20年来のお付き合いがある武蔵小杉で循環器疾患および生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病など)の診療を中心としたクリニックを開業しております。

ところで、皆さんの健康に対する願いは何でしょうか?多くの方は仕事に遊びにと、いつまでも元気に生活できることを願っているでしょう。しかしながら日本に於いては日常的な医療、介護を要せず一人で自立して生きていける寿命である「健康寿命」と実際の寿命に約10年のギャップがあると言われています。要するに、願いとは裏腹に、人生最後の10年は元気に過ごすことが出来ない方が多いということです。この一因となっているのが、脳卒中や心筋梗塞といった血管や心臓に起こる大病です。脳卒中を起こせば麻痺を生じたり、心筋梗塞を起こせば心不全を繰り返して入退院の連続を余儀なくされたりします。とても元気に過ごしているとは言えない状況に追い込まれるわけです。

当院では循環器内科の専門的治療で、すでにこういった大病を起こしてしまった方のサポートをするだけでなく、大病を未然に防ぐ治療とアドバイスを行っています。具体的には、多くの血管や心臓に起こる大病の原因となる「動脈硬化」の進展を防ぐ治療、すなわち生活習慣病の治療に力を入れており、「元気な人を、いつまでも元気に」をモットーに日々の診療にあたっております。

生活習慣病は健康診断で指摘されることが多い病気です。毎年、健診で血圧やコレステロールが高い、ないしは糖尿病の予備群と言われながら放置していませんか?上記のように大病の素となりますので放置は危険です。実際、病院勤務時代には、多くの心筋梗塞の患者さんを治療してきましたが、そのカルテの既往歴に「健康診断で数年前から高血圧、脂質異常症、糖尿病を指摘されるも放置」というセリフを何度書いたことか・・・。

いつまでも元気に過ごしたいのであれば、一緒にその願いを叶えましょう。健診の結果を持って、お気軽に当院にご相談下さい。

なお、当院は武蔵小杉駅の横須賀線口および中央口の間に位置する立地で、また夜も20時まで診療する日を設けて、お仕事に忙しい方々のニーズにも答えられるように致しております。また、当院における検査・診療の充実に加え、長年勤務して参りました日本医科大学武蔵小杉病院を始めとして近隣の医療機関と緊密に連携をとり、皆様の健康維持に貢献できるよう、医療の質も担保する努力をしております。

末永く、この町に住む皆さんの健康を守るべく、努力してまいります。
では“武蔵小杉ハートクリニック”でお待ちしております。
武蔵小杉ハートクリニック
院長 菊池有史

略歴

2003年 日本医科大学医学部医学科卒業
卒業後に日本医科大学第一内科入局
2005年 日本医科大学千葉北総病院 集中治療室助教
2007年 博慈会記念総合病院「循環器内科」医員
2008年 国立病院機構静岡医療センター「循環器内科」医員
2010年 日本医科大学多摩永山病院「内科」助教
2010年 日本医科大学武蔵小杉病院「循環器内科」助教
2018年 武蔵小杉ハートクリニック開業

資格

  • 日本循環器学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本心血管インターベンション学会 所属
  • 日本内科学会認定医

ご挨拶

石川真由美先生

ホルモンの異常に伴う疾患の診療を専門としています。
ホルモンとは血液中にあり、身体のさまざまな所に作用し、身体の機能を維持する、また成長や老化と言ったヒトの一生の変化をコントロールする大切な物質です。

ホルモンの病気で代表的なものとして、インスリンという血糖を下げるホルモンの異常をきたす糖尿病や、甲状腺ホルモンに異常をきたすバセドウ病、橋本病と言った甲状腺疾患などがあります。ホルモンの病気は、放置すると生活の質(QOL)の低下を招くだけでなく、時には命に関わることもあります。健康診断などで「血糖が高い」「甲状腺が大きい」などの指摘された場合には、ぜひ一度、受診してください。

武蔵小杉ハートクリニック
医師 石川真由美

略歴

1994年 東邦大学医学部卒業
2001年 東邦大学大学院医学研究科修了
2001年~2012年 東邦大学医学部内科
2007年~2009年 豪州クイーンズランド大学留学
2012年~現在 日本医科大学武蔵小杉病院 内分泌・糖尿病・動脈硬化内科部長

資格

お問い合わせはお気軽に

武蔵小杉地域にお住いの方で
循環器内科のことでお困りでしたらご相談ください。